最近、STO(www.standard-tec.com)により開発されたDJI PHANTOM用折りたたみ式プロペラマウントをマネしたクローン品がありました。このようなクローン品では、ユーザーも販売店もどうやって区別するか困るだろうと思いますが、ここで、STO純正品とクローン品の見分け方を説明します。
 
1. 素材の品質が大きく違っています。STO純正品のものでは表面も縁も滑らかですが、クローン品ではガタガタしています。
 


 
2. クローン品はサイズが違っています。STO純正品は6mmのものです。1mmのナイロン製ワッシャーを付属しているので、STOの折りたたみ式プロペラ(4mm)を取り付けるのがバッチリです。それに対して、クローン品は5.5 mmのものです。ワッシャーを1枚を使うと緩過ぎて、2枚を使うときつ過ぎます。
 




 
3. STO純正品では、付属のネジは半ネジのものなので、プロペラの損傷になりませんが、クローン品ではより短いネジを付属しています。
 

 
4. STO純正品のワッシャーは柔軟性、耐磨耗性のあるナイロン素材から作られたものです。
 


 以上の情報、参考してください!


前へ

日付を追加時刻 週三 24 九月, 2014.