Z-1 RIDERマルチ3軸カメラステディカム [Z1-Rider]  Z-1 RIDERマルチ3軸カメラステディカム [Z1-Rider] すぐ買う

 皆さんもこんな状況に遭ったことがあるでしょう。ケータイやGOPROカメラで動画を撮りましたが、確認してみたら、画面がすごく揺れていて、何を撮ったがさっぱり分からなくなってしまいました。Youtubeでは手ブレ補正機能がありますが、動画を編集したら、解像度が低くなってしまうことがあります。プロカメラマンはウェディングフォトや動画を撮影する時、手ブレがないようにいつも注意しなければなりません。完璧な動画を撮影するには、長い時間の練習が必要です。
 
 科学技術の進歩につれ、ステディカムシステムは想像できないほど進展しています。以前はプロしかできないことですが、今はGOPROカメラとカメラステディカムを使えば、誰でも素晴らしい動画を撮ることが可能なようになりました。
 
 ジャイロ式ステディカムは姿勢変化感知可能なセンサーで姿勢を感知して機能します。このような設備は一般的にケータイや体感型ゲーム機に採用されています。ステディカムはこのようなセンサーとモーターを使ってカメラの揺れや移動を補正します。
 
 この前、「GOPROカメラ用INFINITY GY手持ち式ジンバル [GYGBO2H]」という2軸手持ち式GOPROカメラステディカムを紹介したことがあります(文章「GOPROカメラ用手持ち式ジンバルの比較リポート」をご参照ください)が、実はその後、「INFINITY GYGimbal 3D 手持ち式3軸 カメラステディカム [GY-3DH]」という3軸のものも発売されました。3軸のほうも紹介してほしいという声がありましたが、その機能と使用方法は2軸のものとはほぼ同じなので、特に使用リポートを書きませんでした。
 
 新製品Z-1 RIDERマルチ3軸カメラステディカムは「INFINITY GYGimbal 3D 手持ち式3軸 カメラステディカム」を基礎として開発されたものです。両者の違いは構造にあります。Z-1 RIDERマルチ3軸カメラステディカムでは、ボタンがついている部位とジンバル部位とは別々になっていて、ケーブルでつながっていますが、手持ち式3軸 カメラステディカムでは、手持ち部位はジンバル部位と一体化した構造です。その構造の違いによって、使用方法が大幅に変わっています。
 


 
 皆さんも分かっているように、このシリーズのカメラステディカムの一番の特徴は、ほかの製品より、トルクがずっと大きいことです。トルクが大きいだけでなく、外力を受けて姿勢が崩れてしまった時、その復帰速度も市販の製品よりずっと速いです。そのトルクと復帰速度について、下の動画でご参考ください。
 

 
 その素晴らしい性能を持っているため、このシリーズのカメラステディカムは激しい撮影環境に応用可能です。走っている状態にも、疾走中の車やオートバイ、さらに全地形対応車までにも対応可能です。それは市販のほかの製品でできないことです。


案内動画:
 
SPORT BIKE ON-ROAD TEST
 
DIRT BIKE OFF-ROAD TEST
 
ほかの代理店提供の案内動画:
 
Zhiyun Z1- RIDER First test clip in Taiwan Taipei
 
One date edit. Use GoPro Hero 4 Black with Z1-RIDER
 
" Taipei " Use GoPro Hero 4 Black with Z1-RIDER

 
 上記の特徴を持っているため、GOPROカメラ用INFINITY GY手持ち式ジンバルを車や自転車、オートバイなどに固定して撮影する人が多くいます。しかし、手持ち部分はジンバルに固定されていて、その手持ち部分専用の固定装置は生産されていないので、固定方法に困っている人もいるそうです。
 
 新製品Z-1 RIDERマルチ3軸カメラステディカムはその必要に応じて開発されたものです。下の写真をご覧ください。Z-1 RIDERとINFINITY GYGimbal 3Dとの違いは、手持ち部位とジンバル部位との接続構造だけです。
 


 
 Z-1 RIDERマルチ3軸カメラステディカムには固定用アクセサリーを付属していませんが、そのマウントはGOPROカメラハウジングケースのマウントと規格が同じなので、市販のすべてのGOPROカメラ用アクセサリーにも対応します。ユーザーはZ-1 RIDERカメラステディカムを車やオートバイ、スケートボード、ボートに固定して撮影することができます。(Z-1 RIDERマルチ3軸カメラステディカムには防水装置を搭載していないので、ボートなどに使用する時はご注意ください。)
 














 
 また、GOPROカメラの自分撮りスティックに取り付ければ、INFINITY GYGimbal 3D手持ち式3軸ジンバルのように使用可能です!すごい応用性でしょう!ぜひ使ってみてください!
 


前へ

日付を追加時刻 週四 08 一月, 2015.